手提げ袋、包装紙などの包装用品専門メーカー株式会社パックタケヤマです。既製品からオリジナル商品まで企画・製造・販売。お気軽にご相談下さい。

Privacy policy | Site map

ホーム コンセプト 商品案内 お問い合わせ 会社案内 会社案内
 

コラム

Column

【オーダーメイド】
手提げ袋の製作費用を抑えるポイントとは?
業務用の手提げ袋や角底袋(紙小袋)を
小ロット(数量)で製作!

結婚式の引き出物をはじめ、会社のPRなどでオリジナルの手提げ袋を用意することがあるかと思います
既製品よりもオーダーメイドの方が、自分好みのものを用意できる反面、
費用が少し高くなってしまうのが一般的です。

こちらでは、できるだけ費用を抑えつつ、
手提げ袋のオーダーメイドを依頼したい方に向けた情報をまとめてみました。
当社では、小ロット(数量)のオーダーメイドのご依頼も受け付けております。

個人だけでなく、業務用として法人のお客様からもご注文いただいております。
おしゃれな日本製の手提げ袋をお探しの方は、ぜひご相談ください。

手提げ袋の製作費用を抑える4つのポイント

複数の紙袋に一輪のバラ

手提げ袋の製作費用を抑えるポイントをご紹介します。

オリジナルの手提げ袋で低コストの物をお求めの方は、以下にまとめた4点をご覧ください。

①色数を少なくする

オーダーメイドの手提げ袋の印刷費用は、大きく版製作費と印刷作業費の2つに分かれます。
この版製作費と印刷作業費は、印刷する色数によって上下するのです。どちらも色数を少なくする分、費用は下がりますので、不要な色はできる限り省くことがポイントです。

②紙の種類や紐の取り付け方法を変える

必要以上に厚い紙を使っている場合には、少し薄い紙を使用することで、費用を抑えることが可能です。また、下げ紐の取り付け方法は穴に通すタイプではなく、OFJ式(紐付手提げ袋)の方が安価に、更に袋の口を折り返さないタイプであれば、よりコストを抑えて仕上げることができます。このように紙の種類や紐の取り付け方を変えることが、費用を抑えるポイントになります。

③過度な装飾をしない

過度な装飾や表面加工を省くことで、費用を抑えられるかもしれません。
例えば、箔押しやニス引きなどは、手提げ袋の用途によっては不要になる可能性があります。
またコート紙に必要なPP加工は、他の素材であれば不必要となるケースもあります。
用途を考え、素材を工夫することで、装飾のコストを抑えることができます。

④ロット(数量)を増やす

ロット(数量)を増やして注文することにより、手提げ袋一つあたりの単価を抑えることが可能です。

手提げ袋のオーダーメイドをご検討中の方は、国内工場を持つ当社にご相談ください。
お客様のご予算・ご要望をお伺いしたうえで、適切なプランをご提案させていただきます。
オーダーメイドの費用を抑えたい方、業務用の国産手提げ袋・角底袋(紙小袋)をお探しの方は、
当社にご依頼ください。
大量注文はもちろん、小ロット(数量)での製作も可能です。

商品サイズに合わせた手提げ袋を作るメリット

両手に複数の紙袋を持つ女性

商品サイズに合わせた手提げ袋を作るメリットは、
「受け取り手に不快な思いをさせない」
「商品を守ることができる」の2点が挙げられます。

小さすぎる手提げ袋の場合、相手に持ちづらさや不快感を与えてしまうかもしれません。

反対に大きすぎる手提げ袋の場合、手提げ袋の中身が動いてしまい、
商品の品質に何らかの悪影響が出てしまう可能性があります。

商品サイズに合わせた手提げ袋を作れば、サイズの大小で起きるデメリットは生じず、
受け手が気持ちよく商品を持って帰れます。

サイズに合った手提げ袋を用意する際は、底にマチがついた一般的な「角底袋(紙小袋)」か、
マチがない「平袋(ベロなし封筒)」、底にマチがついて舟のような形状の「舟底袋」などから
ぴったりのものを選ぶことがポイントです。

手提げ袋をオーダーメイド!
業務用の手提げ袋・角底袋(紙小袋)を小ロット(数量)で製作

今回は、
手提げ袋の費用を抑えるポイントと、商品サイズに合わせた手提げ袋を作るメリットをご説明しました。

なるべく安価でベストサイズのオーダーメイド手提げ袋をお求めの方は、
自社工場を持つ当社にご相談ください。

当社は、業務用の手提げ袋・角底袋(紙小袋)など
様々な包装用品のオーダーメイドを承る国産メーカーです。
小ロット(数量)からの製作が可能ですので、お気軽にご依頼ください。

安価でベストサイズのオーダーメイド手提げ袋なら株式会社パックタケヤマへ

会社名 株式会社 パックタケヤマ
代表取締役社長 太田 和宏
創立 2009年2月13日
資本金 9,000万円
本社・本社工場住所 〒496-0004 愛知県津島市蛭間町桝田322−1
東京営業部・住所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目17番2号秋葉原サウスイーストビルディング5階
大阪営業部・住所 〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル5階
TEL 0567-24-5181(代表)
FAX 0567-24-5440
Access マップ
URL http://www.p-takeyama.co.jp/
業種 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布の企画/製造販売
営業品目 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布
ISOについて ISO9001取得工場
環境対応

・FSC認証の原紙を使用した紙袋を製造可能です。

・バイオマスインクを使用した紙袋・ポリ袋を製造可能です。

 
会社案内
ご挨拶・会社概要
グループネットワーク
 
お客様相談窓口
メールでのお問い合わせはこちら
PDFライブラリー
各種商品カタログPDFをダウンロード頂けます。 PDF
ダウンロードはこちら
 
Pick up
商品のご購入はこちらから
商品のご購入(楽天市場)は
こちらからどうぞ!
 
新製品情報
 
株式会社パックタケヤマ
本社・本社工場
〒496-0004
愛知県津島市蛭間町字桝田322-1
TEL:0567-24-5181(代表)
FAX:0567-24-5440
Access:マップ
包装に関することなら、パックタケヤマにご相談下さい。TEL 0567-24-5181(名古屋)TEL 03-5246-8271(東京)TEL 06-6442-8108(大阪) メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c)PACK TAKEYAMA CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED