手提げ袋、包装紙などの包装用品専門メーカー株式会社パックタケヤマです。既製品からオリジナル商品まで企画・製造・販売。お気軽にご相談下さい。

Privacy policy | Site map

ホーム コンセプト 商品案内 お問い合わせ 会社案内 会社案内
 

コラム

Column

オーダーメイドの手提げ袋の宣伝効果について
店舗用の手提げ袋を製作!
見積もり依頼もお気軽に

会社や店舗用にオーダーメイドの手提げ袋を用意すれば、宣伝効果が期待できます。
特に、会社説明会や講演会などでは、会社の資料をお渡しされるかと思います。

そこで今回は、手提げ袋でどのような宣伝効果が得られるのか、
また手提げ袋の宣伝効果がアップするポイントを解説します。

既製品の国産紙袋からオーダーメイドのものまで幅広く取り揃えている当社では、
小ロット(数量)でのご依頼を受け付けております。

「店舗用におしゃれな日本製の手提げ袋をオーダーメイドしたい」というご注文などがありましたら、
ぜひご相談ください。国内工場を持つ当社が、見積もりを承ります。

オーダーメイドの手提げ袋で得られる宣伝効果とは?

左手に複数の紙袋を持つ人

手提げ袋に企業名やブランド名、商品名などを印刷することで、
商品やサービス、会社の名前を宣伝することができます。

宣伝というと、CMやチラシ配布、SNSでのプロモーションなどを思い浮かべるかもしれません。

しかし、CMには多額の費用がかかりますし、チラシはどこに何部配布するかなどのノウハウが必要です。SNSでのプロモーションも、チラシ配布同様にノウハウ・戦略が求められるでしょう。

その点、手提げ袋はCMなどに比べて格段に費用を抑えられます。
また、商品を購入したお客様や、イベントにいらした方にお渡しすることで、
企業やサービスのことに関心を持ってもらえるようになります。

また手提げ袋は、街中にいる全員が宣伝のターゲットになることもポイントです。
街中にいる人は、自然にその手提げ袋を見ることになります。

目を惹くデザインの手提げ袋を作ることにより、街ゆく人は手提げ袋に印刷された宣伝内容を自然に見てその後、商品・サービスの購入者になる可能性が生まれます。
マチ・袋底・口折り(袋天面の折り返し)・底ボール(底に入れる補強用の厚紙)にも印刷することで、
宣伝効果を上げることも可能です。

このように、手提げ袋は街中の不特定多数の人々に、
低コストで会社を宣伝出来るという点で効果を発揮します。

さらに普段使いしやすいデザインの手提げ袋なら、
何らかの用途で再び使ってもらえる可能性があるのもポイントです。

つまり、1回手提げ袋を渡せば、その後、複数回にわたり宣伝のチャンスがあるのです。

手提げ袋は「歩く広告塔」!

手提げ袋の宣伝効果がアップする3つのポイント

POINTと書かれた黒板

手提げ袋の宣伝効果を高めるためのポイントは、以下の3点です。

使い勝手のいいサイズにする

オーダーメイドの手提げ袋は、何度か利用される可能性がございます。
その可能性を高めるためには、「使い勝手のいいサイズである」ことが必須です。
A4サイズなど、使い勝手のいいサイズの手提げ袋を作りましょう。

映えるデザインにする

手提げ袋は基本的に長時間見られるものではなく、多くの人にとっては「パッと目に入るもの」です。
人目を惹くデザインにしたいなら、映える色味やデザインを配置しましょう。

アピールポイントをデザインする

オーダーメイドの手提げ袋を見る人の中には、
企業名・商品名・サービスなどの宣伝内容を、初めて知る人も多いです。
そのような人に手提げ袋を見てもらい、よい印象を残すためには、
アピールポイントをデザインすることが大切です。

初めて自社の商品・サービスを目にする人は、
どのようなポイントに惹かれるのか、ターゲット層はどこなのかなどを整理し、
アピールポイントをしっかりとデザインするようにしましょう。

もしこれらのポイントを踏まえた、宣伝効果の高いオーダーメイドの手提げ袋を作りたい場合は、
自社工場を持つ当社にご連絡ください。お見積もりだけでも承ります。

店舗用の手提げ袋を製作!
見積もりのご依頼は、株式会社パックタケヤマへ

今回は、手提げ袋で得られる宣伝効果と、手提げ袋の宣伝効果がアップするポイントを解説しました。

手提げ袋での宣伝を検討している方は、総合パッケージメーカーの当社にご相談ください。
店舗用の手提げ袋をはじめ、お客様のご要望をもとに、効果的なデザインの手提げ袋を製作いたします。お見積もりのみのご依頼も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

宣伝効果アップが期待できる手提げ袋なら株式会社パックタケヤマへ

会社名 株式会社 パックタケヤマ
代表取締役社長 太田 和宏
創立 2009年2月13日
資本金 9,000万円
本社・本社工場住所 〒496-0004 愛知県津島市蛭間町桝田322−1
東京営業部・住所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目17番2号秋葉原サウスイーストビルディング5階
大阪営業部・住所 〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル5階
TEL 0567-24-5181(代表)
FAX 0567-24-5440
Access マップ
URL http://www.p-takeyama.co.jp/
業種 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布の企画/製造販売
営業品目 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布
ISOについて ISO9001取得工場
環境対応

・FSC認証の原紙を使用した紙袋を製造可能です。

・バイオマスインクを使用した紙袋・ポリ袋を製造可能です。

 
会社案内
ご挨拶・会社概要
グループネットワーク
 
お客様相談窓口
メールでのお問い合わせはこちら
PDFライブラリー
各種商品カタログPDFをダウンロード頂けます。 PDF
ダウンロードはこちら
 
Pick up
商品のご購入はこちらから
商品のご購入(楽天市場)は
こちらからどうぞ!
 
新製品情報
 
株式会社パックタケヤマ
本社・本社工場
〒496-0004
愛知県津島市蛭間町字桝田322-1
TEL:0567-24-5181(代表)
FAX:0567-24-5440
Access:マップ
包装に関することなら、パックタケヤマにご相談下さい。TEL 0567-24-5181(名古屋)TEL 03-5246-8271(東京)TEL 06-6442-8108(大阪) メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c)PACK TAKEYAMA CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED