手提げ袋、包装紙などの包装用品専門メーカー株式会社パックタケヤマです。既製品からオリジナル商品まで企画・製造・販売。お気軽にご相談下さい。

Privacy policy | Site map

ホーム コンセプト 商品案内 お問い合わせ 会社案内 会社案内
 

コラム

Column

紙袋の既製品を販売!
無地の紙袋を店舗用に
ポリ袋から紙袋へ変更する目安とは?

令和2年7月1日より、
プラスチックごみを削減するためにプラスチック製買物袋の有料化がスタートしました。

これは海洋プラスチックごみ問題、廃棄物・資源制約、地球温暖化などの課題を踏まえ、
私たちのライフスタイルを見直すことを目的としています。

レジ袋に使われているプラスチックは、自然界には存在しない素材です。
そのため自然に分解されることはなく、海洋生物に悪影響を及ぼします。

そこで今回は、
既製品を販売する当社が、ポリ袋から紙袋に移行することでできる環境配慮について解説します。

株式会社パックタケヤマが、
ポリ袋から紙袋への移行を提案する理由

観葉植物が入った紙袋

令和2年7月1日より、プラスチック製買物袋の有料化がスタートしました。
しかし、中には「どうして有料になったの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

プラスチック製買物袋の有料化の目的は、プラスチックごみを削減することです。
レジ袋やペットボトルに使われているプラスチックは、丈夫なうえにコストがかからない便利な素材です。

しかし、プラスチックは自然環境の中では分解されません。
廃棄された大量のプラスチックごみは、最終的に海に行き着きます。
それを誤食した海洋生物は傷つき、最悪の場合は死に至ります。

また、プラスチックごみを食べた魚や食塩を通して、
人体に悪影響を及ぼす可能性もゼロではありません。

このように自然界には存在しないプラスチックを使ったポリ袋から、
木を原料とした紙袋に移行するだけで環境に配慮できます。

紙袋は古紙パルプとしてリサイクルでき、紙袋の原料となる木は植樹して育てることで
数十年後には再生します。ポリ袋を紙袋に変更し、豊かな地球環境を守りませんか?

ポリ袋から紙袋への移行は、自社工場を持つ当社にお任せください。
既製品(国産)と注文生産の両方でお客様のニーズにお応えいたします。
既製品の紙袋(日本製)は、無地だけでなくアートバッグまで取り揃えております。
個人のお客様はもちろん、店舗用としても利用可能です。

ポリ袋から紙袋への変更の目安

環境に配慮した包材をお求めの方に向けて、
ポリ袋から紙袋に切り替える際の目安をご紹介します。

一般的なレジ袋(26号、30号、34号、40号、45号、50号)

  • 未晒 角底袋(H8、H14、H30、H40、H45、H50)

一般的なレジ袋(30号、34号、40号)

  • 未晒 手提げ袋(手提げ4才、手提げ3才、手提げ2才)

一般的なレジ袋(特大、70号、80号)

  • 未晒 手提げ袋(手提げHV100、手提げHV140)

一般的な手穴ポリ袋(小、大)

  • 未晒 イーグリップ(イーグリップM、イーグリップL、イーグリップLL)
未晒 イーグリップ(イーグリップM、イーグリップL、イーグリップLL)

詳しくは当社カタログ頁をご参照下さいませ。

ポリ袋から紙袋への移行のご相談は、国内工場を持つ当社にご連絡ください。

当社は既製品から注文生産まで対応している包装用品専門メーカーです。

既製品の無地の紙袋は個人のお客様はもちろん、店舗用としても利用可能です。

既製品だけでなく、オリジナル商品の企画・製造・販売も承っておりますので、ぜひお問い合わせください

紙袋の既製品を販売!無地の紙袋を店舗用に

空を背景に一つの紙袋

自然界には存在しないプラスチックでできたポリ袋は、
最終的に海に行き着いて生物や人体に悪影響を及ぼし、生態系を破壊します。

その一方、紙袋は古紙パルプとしてリサイクルでき、
原料の木は植樹して育てることで数十年後には再生します。

ポリ袋から紙袋に移行して、持続可能な環境配慮に取り組みませんか?

ポリ袋から紙袋への移行は、包装用品専門メーカーの当社にお任せください。
当社は、既製品と注文生産の両方でお客様のニーズにお応えいたします。
店舗用の紙袋は、無地からアートバッグまで幅広く取り揃えております。

ポリ袋から紙袋への移行なら株式会社パックタケヤマへ

会社名 株式会社 パックタケヤマ
代表取締役社長 太田 和宏
創立 2009年2月13日
資本金 9,000万円
本社・本社工場住所 〒496-0004 愛知県津島市蛭間町桝田322−1
東京営業部・住所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目17番2号秋葉原サウスイーストビルディング5階
大阪営業部・住所 〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル5階
TEL 0567-24-5181(代表)
FAX 0567-24-5440
Access マップ
URL http://www.p-takeyama.co.jp/
業種 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布の企画/製造販売
営業品目 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布
ISOについて ISO9001取得工場
環境対応

・FSC認証の原紙を使用した紙袋を製造可能です。

・バイオマスインクを使用した紙袋・ポリ袋を製造可能です。

 
会社案内
ご挨拶・会社概要
グループネットワーク
 
お客様相談窓口
メールでのお問い合わせはこちら
PDFライブラリー
各種商品カタログPDFをダウンロード頂けます。 PDF
ダウンロードはこちら
 
Pick up
商品のご購入はこちらから
商品のご購入(楽天市場)は
こちらからどうぞ!
 
新製品情報
 
株式会社パックタケヤマ
本社・本社工場
〒496-0004
愛知県津島市蛭間町字桝田322-1
TEL:0567-24-5181(代表)
FAX:0567-24-5440
Access:マップ
包装に関することなら、パックタケヤマにご相談下さい。TEL 0567-24-5181(名古屋)TEL 03-5246-8271(東京)TEL 06-6442-8108(大阪) メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c)PACK TAKEYAMA CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED