手提げ袋、包装紙などの包装用品専門メーカー株式会社パックタケヤマです。既製品からオリジナル商品まで企画・製造・販売。お気軽にご相談下さい。

Privacy policy | Site map

ホーム コンセプト 商品案内 お問い合わせ 会社案内 会社案内
 

コラム

Column

手提げ袋・紙袋をデザインする際のポイント
各種用途に沿ったオーダーメイドが可能です!
マチ広タイプや店舗用の福袋もお任せ

令和2年7月1日より、
プラスチックごみを削減するために、プラスチック製買物袋の有料化がスタートしました。
それに伴い、
店舗用のオリジナル手提げ袋・紙袋の発注を検討しているオーナー様もいらっしゃると思います。

また、イベントに向けておしゃれな紙袋を探している方や、
福袋用の紙袋の準備に追われている方も少なくないはずです。

そこで今回は、日本製の手提げ袋・紙袋を取り扱う国産メーカー「株式会社パックタケヤマ」が、
紙袋をデザインする際のポイントを解説します。

配色のポイントや紐の選定方法から、
マチ広タイプの紙袋をデザインする際の注意点までチェックしてみましょう。

手提げ袋・紙袋をデザインする際のポイント

笑い顔がプリントされた紙袋

手提げ袋・紙袋のデザインは、チラシやポスターのデザインとは大きく異なります。

手提げ袋・紙袋ならではの特徴や注意点を把握しておかないと、
重要なデザインが見えなくなったり、お店のコンセプトが上手に伝わらなくなったりする可能性があります

こちらでは、手提げ袋・紙袋をデザインする際のポイントをそれぞれ解説していきます。

立体になった形をイメージする

紙袋は立体物なので、チラシやポスターに比べてデザインしなければならない部分が多くなります。
具体的には下記のデザインが必要です。

  • 正面
  • 裏面
  • マチ
  • 底面
  • 口折
  • 内側

この中でも、マチは「紙袋の横顔」と呼ばれる重要な部分なので、デザインにはこだわりたいところです。マチのイメージが浮かばない場合は、スケッチブックではなく無地の紙袋にデザインを描き入れてみると、イメージが浮かびやすいと思います。

また、紙袋をデザインする際は絵だけでなく、配色にもこだわりましょう。
絵をシンプルにして配色に工夫を凝らすと、インパクトのある紙袋に仕上がります。

表面加工は表現したいイメージに合わせる

オリジナルの紙袋を作る際には、紙袋の質感を演出する表面加工を決めなければなりません。

表面加工には様々な種類があり、特徴や与えるイメージは異なります。
以下に代表的な表面加工の種類をまとめてみました。

  • グロスPP加工:テカテカとした艶があり、強度が高い。
  • マットPP加工:マットな質感で高級感がある。
  • 箔押し:ワンポイントのロゴを目立たせたいときにおすすめ。
  • エンボス:凹凸のある模様を押しつけることで紙に風合いが出る。

表面加工は種類によって費用が大きく異なります。
譲れないポイントを明確にして、予算に合った表面加工を選びましょう。

紐の色および材質で個性を出す

個性のある紙袋を作るには、ハンドルと呼ばれる紐にもこだわる必要があります。
以下に代表的な紐の種類をまとめてみましたので、ぜひご参考ください。

  • PPロープ:ポリプロピレンでできた紐。
  • 紙紐:紙でできた紐。
  • アクリルスピンドル:アクリルでできた紐。
  • ハッピータック:ポリエチレンおよび再生ポリエチレンでできた紐。

オリジナルの手提げ袋・紙袋を作るなら、国内工場を持つ当社へご依頼ください。
福袋やマチ広タイプなど、店舗用紙袋の製作を承ります。

手提げ袋・紙袋のご依頼は株式会社パックタケヤマに!
福袋やマチ広タイプなど店舗用紙袋も充実しております!

白い紙袋の取っ手につけられたコスモス

オリジナルの手提げ袋・紙袋を作るには、立体になった形をイメージしてデザインする必要があります。

さらに表面加工や紐にこだわることで、
お店のコンセプトを表現したり、個性を出したりすることが可能です。

デザインに正解はありません。
まずは自由にデザインして、世界に一つだけの国産の手提げ袋・紙袋を作りましょう。

店舗用の手提げ袋・紙袋の製作依頼は、自社工場を持つ当社にお任せください。
福袋やマチ広タイプなど、製作可能な店舗用紙袋のラインナップが充実しております。

小ロット(数量)からのご対応も可能ですので、
個人のお客様だけでなく小規模事業者様からのお問い合わせもお待ちしております。

店舗用の手提げ袋・紙袋なら株式会社パックタケヤマへ

会社名 株式会社 パックタケヤマ
代表取締役社長 太田 和宏
創立 2009年2月13日
資本金 9,000万円
本社・本社工場住所 〒496-0004 愛知県津島市蛭間町桝田322−1
東京営業部・住所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目17番2号秋葉原サウスイーストビルディング5階
大阪営業部・住所 〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル5階
TEL 0567-24-5181(代表)
FAX 0567-24-5440
Access マップ
URL http://www.p-takeyama.co.jp/
業種 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布の企画/製造販売
営業品目 角底袋、手提袋、平袋、包装紙、紙器、ポリ袋、不織布
ISOについて ISO9001取得工場
環境対応

・FSC認証の原紙を使用した紙袋を製造可能です。

・バイオマスインクを使用した紙袋・ポリ袋を製造可能です。

 
会社案内
ご挨拶・会社概要
グループネットワーク
 
お客様相談窓口
メールでのお問い合わせはこちら
PDFライブラリー
各種商品カタログPDFをダウンロード頂けます。 PDF
ダウンロードはこちら
 
Pick up
商品のご購入はこちらから
商品のご購入(楽天市場)は
こちらからどうぞ!
 
新製品情報
 
株式会社パックタケヤマ
本社・本社工場
〒496-0004
愛知県津島市蛭間町字桝田322-1
TEL:0567-24-5181(代表)
FAX:0567-24-5440
Access:マップ
包装に関することなら、パックタケヤマにご相談下さい。TEL 0567-24-5181(名古屋)TEL 03-5246-8271(東京)TEL 06-6442-8108(大阪) メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c)PACK TAKEYAMA CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED